メルカリ

メルカリでなかなか売れない時の原因とその対策方法

メルカリに出品すると、売れるものはあっという間に売れる反面、売れないものはなかなか売れないことも多いですよね。

出品した以上は、なるべく多くの物を売り切りたいと思うはずです。

でも、売れない商品は、そのままにしておいてもなかなか売れません。

反対に、ちょっとしたことを試すだけで、売れやすくなります。

今回は、メルカリ取引1200回以上の僕が、メルカリでなかなか売れない時の原因とその対策方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

これからメルカリを始める方は、新規会員登録をする際、こちらの招待コード「CVFXMR」を入力すると、必ず300円分のポイントがGETできます!

初心者でも簡単!メルカリで売れる3つのコツ!こんばんは!メルカリ大好きなさら坊です(@sarabow0905)です。 最近妻もメルカリを始めました。 2日で,00...

メルカリで売れない時に考えられる原因と対策方法

メルカリで売れない時は、安易に値段が高すぎるのかな?と考えがちです。

もちろん、最終的には値段に左右される部分が大きいですが、だからと言って単に値下げをするだけでは、売れても売り上げが少なくなるばかりで非常に勿体ないです。

その他の原因を考え、それに対して対策をすれば、場合によっては値段を上げても十分に売れる可能性が高くなります。

売れないな~と思ったら、値下げをする前に、まずは他の原因がないか考えてみましょう。

①写真映りが悪い

メルカリの出品で一番大事なのは写真と言っても過言ではありません。

何が映っているのか分かりづらい写真では、なかなか売れません!

メルカリで写真の役割が2つありますが、1つ目は、購入者の足を止めること!

メルカリのアプリを開いたり、商品を検索すると、ズラッと写真が出てきますよね?

この時に何が映っているかわからないようなものは、誰もタップしないと思います。

反対に、買うつもりがなくても、パッと目を引く写真に興味を惹かれてタップしてしまったことはありませんか?

メルカリで売れやすくするポイントはまずは商品を見てもらうことです。

購入者がついタップしてしまうような写真を撮るようにしましょう。

だからと言って、一眼レフを用意する必要はありません!スマホで充分です。

以下のちょっとしたポイントを押さえるだけで良い商品写真が撮れますよ。

  1. 明るい時間帯、場所で撮影する
  2. 背景はシンプルに
  3. しっかりとピントを合わせる
  4. 画面いっぱいに大きく商品を写す

まずはきれいに撮影するように心がけてみてください!

商品の状態が悪くなく、値段も手ごろなのに売れない場合は写真を疑ってみてくださいね。

②写真の枚数が少ない

メルカリで写真の役割の2つめは、商品の状態等の判断材料です。

メルカリでは商品を実際に手に取って見ることができません。

ほとんどが中古商品である以上、商品の状態は誰もが気になるところですよね。

その商品の状態を知るための判断材料が、写真になります。

それなのに、商品の写真が1枚だけでは商品の状態を知ることができませんし、信用もできないです。

購入者に安心して購入してもらえるように、なるべく多くの写真をアップしましょう。

正面からはもちろん、後ろ、左右、上下や斜めなど様々な角度からの写真をアップします。

傷や汚れがある場合は、その部分が分かりやすいような撮影を心がけましょう。

そして、場合によっては見た目だけでなく、その商品の情報がわかる写真もアップしましょう。

例えば、

  • ブランド品であればタグやロゴ、シリアルナンバー。
  • 衣類であればサイズのタグ。
  • 電化製品であれば製品番号など。

これらの情報は、後々のトラブルを防ぐためにも効果的です。

自分が購入する場合、どんな所を確認したいかを想像しながら撮影すると自然と撮るべき写真が分かると思いますよ。

③商品の説明が少ない

商品の説明文は、写真と同様購入者が商品を購入するかの判断材料になります。

商品の情報が少ないと、購入者も安心して購入することができません。

商品の種類によって多少変わるものの、最低限これらの情報は欲しいですね。

  • メーカー
  • 商品名
  • 品番
  • サイズ
  • カラー
  • 購入(入手)時期
  • 使用頻度
  • 保管方法
  • 商品の状態(傷、汚れ)

また、衣類に関しては、各寸法を記載するといいですね。

単にMサイズとだけ記載すると決まって
「袖丈はいくつですか?」
「着丈を教えてください」とコメントが入ります。

コメントが入った段階で採寸するのもいいですが、中にはコメントするのが面倒な人もいて、購入をやめてしまう方もいます。

せっかく売れるチャンスを逃すのはもったいないですよね。

最初から記載しておけば、購入者もコメントする必要がなく、売れるチャンスを逃しません!

④独自ルールを書いている

独自ルールとは、

「即購入禁止」「値下げ交渉禁止」「返品不可」等々、出品者独自のルールのことです。

正直、買い手からするとこれらの独自ルールが書かれていると、買う気が失せてしまいます。

もちろん、気にならない方もいるとは思いますが、独自ルールを取り入れていると、メルカリの補償対象外にもなり、敬遠する方が多いのも事実です。

せっかくの商品をしっかりと売りたいのであれば、独自ルールは書かないで、メルカリのルールに則った取引を心がけてみてくださいね。

 

独自ルールについては、こちらで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

【○○様専用って何!?】メルカリの独自ルールは要注意!?メルカリを使用していると、「〇〇様専用」「即購入禁止!」などの文字を見かけることがあると思います。 初めて見ると、「何のこと?」と...

⑤季節外れの商品の出品

衣類など、季節が関係する商品は、出品する時期が大切です。

季節外れの時期に出品してしまうと、なかなか売れない原因となってしまいます。

これはリアルの店舗でも同じだと思いますが、真夏にコートを売っていても購入する人はほとんどいないですよね?

これはメルカリでも一緒です。夏には夏のものを、冬には冬のものを販売するようにしましょう。

もし、引っ越しや部屋の整理などの都合で、どうしても季節外れに売ってしまいたい場合は、割り切ってウンと値段を下げて販売するしかありません。

ただし、季節外れのものは全く売れないわけではありません。

それは、リアル店舗で販売されていない季節外れのアイテムを、メルカリで求める人が少なからずいるからです。

例えば僕の経験では、春に水着が売れたり、冬にかき氷機が売れたり。

そのため、売れないからと出品を取りやめるのではなく、売れたらいいな程度の気持ちでの出品がおすすめです。

⑥送料別で出品している

メルカリでは、送料に関して送料込み(出品者負担)と、着払い(購入者負担)の2パターン選択できます。

出品者の心理としては、着払いにして少しでも儲けを増やしたいと思いますよね。

ところが、メルカリの文化としては、送料込みがデフォルトだったりします。

メルカリをチェックしてると、「この商品、メチャクチャお得なのに何で売れてないんだろ?」と詳細をチェックしてみると、着払いの設定になっていることがとても多いです。

特にメルカリを始めたての人に多い印象を受けますが、非常にもったいないですね。

個人的には着払いになっている時点で購入の検討すらしません。

もし着払いにしてしまっている方は、今すぐに送料込みにしましょう!

【最安値は!?】メルカリで安くておすすめの発送方法メルカリで意外と大事なのが発送方法です。 なるべく安い発送方法が良いに決まっていますよね。 出品価格にも影響するので、しっか...

⑦値引き交渉に応じない

メルカリは「フリマ」アプリです。

フリマの醍醐味は、出品者と購入者の値下げ交渉やコミュニケーションではないでしょうか。

当然ながら、メルカリでは頻繁に値下げ交渉が行われています。

購入者は少しでも安く商品を購入したいと思うのはごく自然なことでしょう。

しかし反対に、出品者の心理としては少しでも高く売りたいものです。

だからと言って値下げ交渉に応じなかったり、コメントの返信すらしないと売れない原因となってしまいます。

値下げ交渉してくる購入者は、「少しだけでも安くならないかな?」と軽い気持ちの人も多いです。

そこで、ほんの気持ち分、値引きするだけでも「安くなった!」「得した!」と喜んで購入してくれる事も非常に多いです。

また、希望価格がある人には、希望価格にしてあげればもちろん喜んで買ってくれますし、希望価格でなくてもその中間くらいで落としどころを付けてあげれば、「値下げしてくれた」と言う心理が働いて購入してくれる方も多いです。

もちろん、むやみに値下げをしては、こちらの利益が少なくなりますし、限度がります。

そこで、予め値下げ交渉されるということを考慮して、「少し高めの値段設定にしておく」と言うのも一つのテクニックです。

そのままの値段で買ってもらえればラッキーですし、値下げ交渉があれば値下げに応じられます。交渉などがない場合でも、自分から値下げすることで売れやすくなるため、おすすめのテクニックです。

⑧値下げをしない

一度出品したからと言って、ずっとそのままの値段ではなかなか売れない原因となってしまいます。

特に、いいね!が多いわりに売れない場合は、値段が高いと疑ってみましょう。

いいね!が多いという事は、気になっているけど悩んでいる人が多いという証拠です。

そこで、少し値下げをしてみましょう。この時、10%以上値引きをするのがポイントです!

それは、10%以上値引きをすると、いいね!をしてくれてる人に、
「いいね!した○〇〇が¥1,000から¥900に値下げされました!」と通知がいくからです。

値段がもう少し安くなれば・・・と考えている人にはこれが効果的です。

また、10%も下げたくない!という方も、少しでもいいので値下げをしましょう。

値下げをすることで、出品直後と同じように、検索された時やおすすめの商品の一覧の最上部に表示されるため、人の目に触れるチャンスが増えます。

いずれにしろ、値段がネックになっている場合は多いので、少しずつでも値下げをしてみましょう。

⑨出品から時間がたってる

メルカリは「売れたものの半数は24時間以上に売れている」とアナウンスしています。

これは僕の体感的にも間違ってないな~と感じます。

早いものはほんとあっという間に売れてしまいます。

その反面、売れ残ったものはなかなか売れません。

それもそのはず。メルカリは新しい商品が上の方に表示されるようになっています。

膨大な出品数のあるメルカリでは2、3日経ってしまえばかなり下の方までスクロールしないと出てこないなんてこともザラにあります。

つまり、出品から時間がたつと、膨大なものの中に埋もれてしまって、人目につかなくなってしまっているんですね。

もちろん、ピンポイントで検索をして表示されることもありますが、時間が経った商品は一気に購入率が下がってしまいます。

そのため、出品してしばらく売れない時は再出品を考えましょう。

再出品すると、改めて一番上に表示されるため、多くの人の目に触れやすくなります。

そして再出品の面白いところは、タイミングさえ合えば、最初につけた値段より高くても売れる場合があることです。

個人的には出品→値下げ→値下げ→再出品という流れがおすすめです。

再出品をした後も売れない場合は値下げを繰り返し、これを何度か繰り返しましょう。

3回くらい再出品しているうちに大概のものは売れてしまうんでないかなと思います。

再出品を繰り返しすぎると、アカウント停止になる可能性があるので注意!

⑩値段が高すぎる

そもそも、相場より値段が高すぎると、売れない原因となってしまいがちです。

そこで、まずは商品の値段を、同じものを出品している他の出品者を参考にしましょう。

状態が同程度であれば、ライバルより少し安くするのがポイントです。

逆に、販売中のものがない場合はライバルがいないので、過去の値段を参考にし、少し高くしてみるのも良いでしょう。

メルカリ上で調べてみても相場が分かりづらい場合は、オークファンというサイトを参考にするのもおすすめです。

無料登録だけでも十分活用できますので、ぜひ使用してみてください。

また、「999円」や「1998円」など、お得感を感じる端数効果を使うのもいいですね。

ちなみに、999円と1,000円のどちらで出品しても、売上金は変わりません。

999円-99円(手数料)=900円

1,000円-100円(手数料)=900円

このように結果的に売り上げ金としてはどちらも一緒であれば、購入者に少しでもお得な端数効果を使用するのがいいですよね。

メルカリでなかなか売れない時の原因とその対策方法のまとめ

メルカリでなかなか売れない時に考えられる原因とその対策方法をご紹介しました。

まとめ
  1. 写真映りをよくする
  2. 写真の枚数を多くする
  3. 商品の説明を詳しくする
  4. 独自ルールは使わない
  5. 旬の時期に出品する
  6. 送料込みで出品する
  7. 値引き交渉やコメントに応じる
  8. 小まめに値下げする
  9. しばらく売れない時は再出品する
  10. 相場に合わせた値付けをする

今回ご紹介した対策方法は特別難しいことではありません。

物によっては少し手間に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば流れ作業でできてしまいます。

その少しの手間で商品が売れるようになれば、手間も手間とは感じなくなるはず!

なかなか売れないな~と思う方はぜひ試してみてください!

これからメルカリを始める方は、新規会員登録をする際、こちらの招待コード「CVFXMR」を入力すると、必ず300円分のポイントがGETできます!

メルカリで売れやすい時間帯や曜日がある?メルカリの出品で、売れやすい時間帯や曜日について解説しています。出品する時間帯や曜日を変えるだけでも随分と売れ行きが変ってきます。メルカリを始めたばかりのひとや、なかなか売れないと悩んでいる方にはおすすめの内容です。ぜひ参考にしてみて下さい。...
メルカリで良い評価を付けてもらう7つのポイントメルカリで購入する時の判断材料の一つが「評価」です。 良い評価が多い人であれば安心して取引できますが、良い評価が少ない人との取引は...